養育費を払わない元夫から実質無料で養育費が回収できる!

養育費払わない

 

もしあなたが、離婚の際に養育費の取り決めをしたにもかかわらず、元夫が養育費を払わないでいるのなら、不誠実な元夫と顔を合わせることもなく、実質無料で養育費を回収する方法について知りたいと思いませんか!?

 

結論から言いますね。
その方法とは『養育費の未払い』や『養育費の滞納』『養育費の時効』『養育費の取立て』『養育費の回収』『養育費の請求』など養育費問題に強い弁護士さんへ相談することです!

 

そして、何よりも大切なことは、子どもを引き取り、シングルマザーとして一生懸命に生きているあなたに親身な対応をしてくれる弁護士さんを選ばないといけません。養育費問題に詳しくないのに、報酬目当てで適当な対応しかしてくれない弁護士や司法書士に相談・依頼することは、時間とお金の無駄になってしまうのでくれぐれも注意してくださいね。

 

 

管理人には何人かのシングルマザーの友人がいますが、彼女たちのほとんどは元夫が養育費を払わないことで窮地に陥っています。そんな彼女たちに紹介させてもらったのが、経済的に弱い女性の身になって養育費を払わない元夫にいっさい会わなくても養育費の回収、取立てを代行してくれるイストワール法律事務所でした。

 

一般的に弁護士事務所への相談は30分で5千円が相場ですが、イストワール法律事務所では養育費に関する相談は無料で24時間メール受付けをしています。
子どもを抱えシングルマザーとして生きて行くのは、並大抵のことではありません。子どものためにもきちんと養育費を回収し、母子ともに安心できる毎日を取り戻してください。

 

イストワール法律事務所 養育費回収

養育費回収に強いイストワール法律事務所の詳しくはこちら

 

 

 

【シングルマザーが抱える養育費に関する悩み】

離婚時に取り決めをしていた養育費を元夫が払わない

養育費の減額請求をされた

養育費の支払いを催促する度に元夫ともめて嫌になる

約束したはずの養育費を請求したいけど元夫の暴言や暴力が怖い

 

 

【養育費の回収をイストワール法律事務所に一任するメリット】

養育費を払わない元夫に会わなくて済む

たとえば元夫のモラハラやDV、不倫が原因で離婚となった場合、毎月養育費の請求のために連絡を取ったり、会ったりするのは大きなストレスになってしまいます。素直に養育費を払ってくれるならまだしも、なかなか応じてくれなかったり、減額要求をしてくることが多く、結局は養育費を払わない元夫の言い分だけ聞いて終わりというケースが少なくありません。

 

イストワール法律事務所へ養育費の回収を一任することで、弁護士があなたの代理人となって妥協のない回収・取立てを行いますから、あなたが養育費を払わない元夫に対して連絡する必要はいっさいなくなります。
また、養育費を払わない元夫があなたに対して暴言や暴力にふるおうとしてきた場合にも、あなたと子どもさんの身を守り、必要があれば法的手段を取ってくれるので安心できます。

 

養育費を払わない元夫からの養育費回収費用は完全成功報酬制!しかも実質無料

イストワール法律事務所では、経済的に余裕がないシングルマザーのために未払い養育費の回収について『実質0円』システムを採っています。
これは、支払われた養育費の中からその一部を成功報酬に充てればよいので、養育費回収にかかる費用負担は実質無料となるわけです。
子どもが自立するまで、イストワール法律事務所はきちんと回収を続け、子どもの成長を見守ってくれます。

 

養育費を払わない元夫の連絡先がわからなくても依頼可能

離婚後、夫婦は他人となってそれぞれの生活を営んで行きます。そのため、養育費に関して公正証書を作成して支払う約束を交わしていたとしても、ある日連絡がつかなくなったり、所在不明になって、相手が養育費を払わないようになることはめずらしくありません。
「養育費を払わない元夫の連絡先や住所が分からなくては養育費回収を依頼できないのでは…」と思うかもしれませんが、心配不要です。イストワール法律事務所なら、弁護士として合法的に相手の居場所を捜索して突き止めてくれます。もちろん、それまでの未払い分を含め、きちんと請求して回収してくれます。

 

養育費の減額請求を受けた場合でも大丈夫

養育費の問題に関して、未払いの次に多いのが『減額請求』です。元夫から再婚や転職を理由に養育費を減額してほしいと要求されることが多々あります。しかし、それは元夫の都合に過ぎず、大切な子どもには何の関係もありません。
イストワール法律事務所では、元夫の身勝手な言い分に対して徹底交渉をして適切な養育費を取り立ててくれます。

 

養育費相談

 

他とはちがうイストワール法律事務所の養育費請求サービス

養育費相談

弁護士や司法書士の養育費請求サービスは、これまで過去の未払い分に対しての請求がほとんどです。

でも、これだと未払いが発生する度に着手金などの費用がかかってしまい、シングルマザーには大きな負担となっていました。

 

そこで、シングルマザーをサポートしてきたイストワール法律事務所が考えたのが、着手金不要(初期費用0円)と成功報酬制度(元夫から毎月支払われる養育費の一部を成功報酬として充当)の導入でした。養育費を払わない元夫から、弁護士があなたの代理人となって毎月きちんと回収してくれるので、その一部を成功報酬としてイストワール法律事務所へ支払うだけ。

 

だから、所得の少ないシングルマザーでも無理なく弁護士の養育費請求サービスを受けられるというわけなんです。

 

 

【養育費回収費用は元夫から振り込まれる養育費の10%】

イストワール法律事務所の養育費回収費用は、前述したように成功報酬制。具体的には元夫側から振り込まれる毎月の養育費の中から10%を払うだけなんです。
ところで、この10%の内容ですが、以下の費用がすべて含まれています。

★元夫への養育費の請求および交渉費用
★元夫の所在が不明になった場合の調査・捜索費用
★元夫側が養育費を払わないと拒否した場合の裁判および強制執行費用
★その他、子どもが養育費を受け取ることができる諸々のサポート費用

 

この養育費未払い回収サービスは、母子の安全面をサポートしながら子どもが自立する日まで、10年、20年と元夫への養育費の請求を続けます。
離婚の最大の被害者は子どもだと言われますが、イストワール法律事務所は誰よりも子どもの利益を最優先に考えて素早く動いてくれます。

 

イストワール法律事務所 養育費回収

元夫が「養育費は払わない」と言う現実

※ツィッターより

 

<経済的に困窮する母子家庭>
厚生労働省がまとめた2011年度の「全国母子家庭等調査結果報告」によると、離婚を原因とする母子家庭のうち、父親から養育費を受け取っているのは全体の19.7%に過ぎず、8割は養育費を払ってもらえていないという数字が明らかになっています。
さらに、この調査によると母子家庭の推計数は123万世帯に上っており、そのうち約8割が離婚を原因とする母子家庭。また、平均世帯年収は291万円に留まり、45.8%が「家計」に困っていると回答しています。
厚労省調査より

 

この調査報告からも分かるように、ただでさえ母子家庭は世帯年収が低い上、約束したはずの養育費が払われていないことは、子どもの進学や肉体的・精神的な成長の面からも著しい不利益があると言えるでしょう。
養育費は、子どもの健やかな成長を守るために必要なお金です。
たとえ元夫側が「養育費は払わない」と言っても、養育費問題に強い弁護士へ相談することで養育費回収の可能性が格段に高くなります。

 

もし、あなたが養育費の未払いに困っているのなら、母子の生活をサポートしてくれるイストワール法律事務所へ無料相談してみませんか!

 

養育費回収に強いイストワール法律事務所の詳しくはこちら

 

養育費相談

払わない元夫へ督促をするには

郵便

 

@電話や手紙、メールやLINE、Facebookなどの通信手段での督促
相手に対して約束の支払いが滞っていることをはっきり伝え、「●●日までに払ってください」と明確に期限を区切ります。

 

A通常手段で返事や支払いがない場合は、内容証明郵便を使用
内容証明郵便は、郵便局が内容を証明してくれることから、有効な証拠になり得ます。法律上の効力は一般的な手紙と変わりませんが、書留郵便で配達され、文末には郵便局長が内容証明郵便として差し出されたものであることを証明する記載が入っているため、受け取った側にはかなりのインパクトを与えます。

 

内容証明郵便を使用する目的のひとつが、相手に対してプレッシャーを与えることで、支払いを強く要求することができる効果があります。実際、通常の郵便で請求しても支払いをしてこなかったのに、内容証明郵便で請求や督促をしたら支払いに応じるケースはよくあります。

 

B内容証明郵便の作り方
最初に、一定の字数の同じ文章を3通用意してください。用紙は文房具店でも売っていますが、字数を守れば自分で手書きやパソコンで作成し、2部コピーをとってもかまいません。
字数は、用紙1枚につき520字以内で、普通、縦書きなら1行20字×1枚26行、横書きなら1行26字×1枚20行などで作成しています。用紙が2枚以上になる場合はホッチキスなどでとめて、差出人の印鑑(認印で可)で各ページに割り印(契印)を押します。

 

C内容証明郵便の費用
料金は、通常郵便料金の82円に、内容証明料金一枚につき430円(1枚増すごとに260円加算)、書留料金430円、配達証明の料金310円(任意)が加算されます。

 

内容証明郵便は、穏当に支払いの履行を督促できる効果的な方法です。母子家庭や母子世帯にとって養育費の有無は死活問題になりますから、離婚の際に約束したのに履行されない場合には、不払いが日常化しないうちに内容証明を利用しましょう。

 

払わない元夫に履行勧告と履行命令

家庭裁判所

 

内容証明郵便で養育費を払わない元夫に対して催告を行ったにもかかわらず、それでも知らぬ顔をする場合には履行勧告を利用することを検討してください。
履行勧告とは調停や審判で決定されたことが遵守されない場合に、調停を行った家庭裁判所に申し立てることにより、家裁から「決められたことは守るように!」と電話や郵便などで勧告してくれる制度です。裁判所から払うべき側への通告になるため、払わない夫からの回収に効果があるとされています。

 

ただし、履行勧告の利用は調停調書や勝訴判決がある場合に限られます。金額や支払い方法について当事者で合意がある場合や公正証書を作成した場合であっても利用することはできません。

 

履行勧告の申出は、文書、窓口、もしくは電話ですることができます 。なお、履行勧告は、婚姻費用、養育費、慰謝料、あるいは財産分与などのお金の問題に限らず、未成年の子の引渡し、子との面接交渉、面会交流などの不履行についても利用が可能です。

 

 

次に、履行勧告を受けても払われない場合には、履行命令を出す方法があります。家裁へ申し立て、家裁から出してもらいますが、一定の期限を定め支払いの義務を実行するように命令するものです。正当な理由なく命令に従わない場合には10万円以下の過料が科せられますが、残念ながら法的な強制力はないため、支払いを強制することができないのが現実です。

 

過料=過料とは金銭を納付させる「秩序罰」のことで、一種の行政処分として国や自治体が課すことになるものです。
罰金=罰金は、1万円以上の金銭を納付させる「刑罰」のことで、懲役と同じように検察官の起訴手続を踏まえて刑事裁判で課され、検察や警察の前科記録に残るものです。

 

 

払ってもらえないと嘆く前に、払ってもらう方法や払わせる手段について考えなければなりません。トラブル、離婚調停、面会、保険、裁判所、責任、年収、ページ、手続き、扶養義務、母親、能力、パターン、状況、相手方、自分、関連、審判、実態、困難、利用、収入、許さない、家庭裁判所、平均、記事、親権、連帯保証人、うえ、今回、差出人、受取人、将来、文書、母子世帯、事例、情報、ハードル、口座、公的、財産、プレッシャー、相続、不利、証明、程度、手順、話し合い、接触、解説、直接、特定、最初、義務。命令、対策、デメリット、社会、実現、実感、同士、きっかけ、事情、雰囲気、法務省、抑止、効果、最後、方針、債務者、差し押さえ、別居、争い、経験、取締役、訴訟、違法、リスク、本気、心理、書くこと、最低限、用紙、勤務、以内、普及、意味、欠席、データ、追記、重要、家庭、発送、法的、説明、当事者、社長、切迫、評判、経済、自己破産、退職届、早め、専門家、アドバイス、第三者、最高裁判所事務総局、以降、年間、推移、持参、契印、日時、受取、権利、認印、印鑑、目的、事前、文章手数料、納付、口頭、価値、通り、調書、多く、大半、契約書、理想的、上記、証書、存在、優先順位、父母、考慮、連帯保証、本人、公証、結婚生活、契約、愛情、協議、整理、仕方、幸い、本題、頻繁、定期、密接、大事、どんどん、どちら、支援、行動、双方、解決、テーマ、半分、件数、機会、クローズアップ、読売新聞、朝刊、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、日経新聞、西日本新聞、中国新聞、手当、児童扶養手当、放棄、現行、未満、債権者、想像、金融機関、支店、銀行、預貯金、通常国会、改正案、提出、施行、実施、自体、泣き寝入り、フランス、ドイツ、韓国、有利、書類、一因、増額、距離、慶應義塾大学、卒業、大手、エネルギー、関連企業、ベンチャー企業、事実、保険募集、代理、マイク、コーポレーション、創業、幼少、アメリカ、途中、親友、自身、直後、後輩、企業、不当解雇、身の回り、多数、浮き彫り、必要性、気軽、一度、促進、プロフィール、最新、目次、全て、介護施設、転倒、事故、施設、損害賠償請求、URL、タイトル、ブログ、有給休暇、派遣社員、給料日、残業代、シミュレーション、今週、人気、ランキング、名誉毀損、侮辱罪、要件、違い、前妻、ボーナス、支給、合意、住民票、移動、未成年、大人、直面、彼氏、彼女、携帯、勝手、犯罪、役員、範囲、法テラス、条件、回数、制限、盗難、窃盗、、理想、介護、貢献、評価、期間、ポイント、申立、問い合わせ、支払、調停委員、同意、有効、不成立、身近、法律、パラリーガル、保険金、弁護、教科書、加入、種類、比較、口コミ、マスコミ。