母子家庭世帯への医療費助成制度

母子家庭

 

母子家庭や父子家庭(ひとり親家庭)には、親もしくは子どもが病気やケガで通院や入院をした際に自己負担した医療費の一部もしくは全額を助成してくれる「ひとり親家庭医療費助成制度」があります。元々、ひとり親家庭の負担を軽減する目的で作られた制度ですが、「父母に重度の障害がある家庭」や「父母がいない家庭」も条件を満たせば助成の対象になります。

 

ひとり親家庭医療費助成制度は、各市区町村単位で運営されているため、申請条件や適用条件、助成額などに差異がある場合あります。詳細はお住まいの市役所や町村役場にお問い合わせをしてください。ここでは、ある市の実例を紹介しますので参考にしてもらえればと思います。

 

【ひとり親家庭医療費助成の対象条件】
母子家庭健康保険加入者であること
母子家庭ひとり親家庭の児童を養育する母子家庭の母と児童、父子家庭の父と児童、または養育者。
母子家庭収入が限度額を超えていないこと
※住民税が非課税世帯であることを条件にしている市区町村もあるので問い合わせてください。

 

簡単に言えば、母子家庭もしくは父子家庭で児童を育て、国民健康保険や社会保険に加入し、所得制限をクリアしていれば助成対象となります。しかし、生活保護や他の医療費補助を受けている場合には助成対象外となります。

 

 

【助成してもらえる金額は?】
母子家庭などのひとり親世帯の医療費助成金額は、「医療費の全額」「医療費の一部」「上限額を超えた分の医療費の全額」など各市区町村によってばらつきがあります。たとえば、ある市区町村では1ヵ月の個人負担医療費を1,000円に設定し、1,000円を超えた金額を助成しています。
病院窓口で「ひとり親医療証」と「健康保険証」を提示すると、その場で直接医療費の助成(一部軽減や全額免除)を受けられるようになるケースが多いのですが、市区町村によっては一旦医療費の全額を自己負担で支払い、後日指定の口座に差額が返金されることもあります。

 

ただし、保険診療以外の医療費は助成対象にならないので注意が必要です。
<助成対象にならない経費>
母子家庭入院時の食事代
母子家庭差額ベッド代
母子家庭健康診断の費用
母子家庭予防接種の費用
母子家庭薬の容器代
母子家庭各証明書発行費用

 

 

【ひとり親医療証を申請するには】
母子家庭もしくは父子家庭が医療費の助成を受けるには、住んでいる市区町村の役所や役場の子育て支援課などの窓口へひとり親医療証の発行申請をしなければなりません。

 

受付窓口での相談

必要書類の提出

審査

認定

ひとり親医療証発行
の流れになります。

 

【終わりに】
母子家庭や父子家庭は経済的な面だけでなく、社会的にもハンディキャップを背負うことが少なくありません。母子や父子が誰に遠慮することなく堂々と生きて行くためぬも利用できる制度は積極的に利用するようにしましょう。

 

養育費の回収や取り立て、きちんと払ってもらう方法などを知ることは、子どもの将来のために必要なことです。
養育費に関して詳しく知りたい場合には、まずはトップページからご覧ください。