児童扶養手当の申請

 

児童扶養手当とは、母子家庭や父子家庭などのひとり親家庭などに支給される手当です。母子家庭や父子家庭の生活の安定と自立を促すとともに、子供の福祉の増進をはかることを目的として支給されます。児童扶養手当は、父母の離婚や死亡、障害などによって父母から養育を受けられない子供に対して、その子供を監護する父親、母親または父母に代わって子供を養育する者(養育者)に対して地方自治体から支給されます。支給対象は、子どもの年齢が0歳から18歳に到達して最初の3月31日(年度末)までの間にある世帯となっています。
※最新情報はお住まいの自治体にご確認ください。

 

 

【児童扶養手当の支給額】

福岡市の場合
(実例:福岡市の場合)

 

【児童扶養手当がもらえるのはいつから?】
児童扶養手当は、申請が受理された翌月から計算されます。申請は各自治体の担当窓口でできますが、必要書類もありますので、できるだけ月初めに申請するようにしてください。
なお、支給月は4月(12月〜3月分)、8月(4月〜7月分)、12月(8月〜11月分)となっていて、4ヵ月に一度の割合で申請した口座に振り込まれます。だいたい10日前後に支給する自治体が多いようです。

 

【児童扶養手当の注意点】
児童扶養手当をはじとした母子家庭や父子家庭を支援する各種手当ては、は自動的に支給されたり、各自治体から案内が来たりすることはありません。原則として、市区町村の窓口に対して自分で申請しなければ手当てを受けることはできないわけです。いずれにしても、母子家庭や父子家庭などのひとり親家庭になった場合には、速やかに市区町村の窓口へ相談してください。

 

養育費の回収や取り立てからきちんと払ってもらう方法など、養育費に関して詳しく知りたい場合には、まずはトップページからご覧ください。